2009年04月09日

屋根の張替え

屋根の張り替えといっても屋根には瓦屋根から、折半屋根、スレート屋根など様々な種類があり、

その中の瓦だけでも本葺瓦や和瓦、スペイン瓦、F型瓦などなど本当にたくさんの種類があります。

屋根の張替えは老朽化による雨漏りなどのトラブルを直すのはもちろんのこと、

防音や防湿、断熱効果をつけたりと、用途にあわせて張替えすることができます。

自分の目的をしっかりと明確にして、現在の屋根形状にあわせた最適な方法を探していきましょう。
posted by はりー at 21:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

張替え業者をどこにするか

屋根張替えを頼む時にまず迷うのが、会社ですよね。

安いほうがいいには決まっているけど、知らないメーカーや会社に頼むのも不安だしと

悩みは尽きないと思います。でも悩んでいてもしょうがないのでまずは見積りをつくって頂きましょう。

3社くらいは見積もりをとって、値段と内容をチェックしていきましょう。

よくあるのがテレビコマーシャルなどでもよく見かける大手ハウスメーカーのリフォーム部門や

リフォーム会社、近所の工務店などだと思います。

会社にもよりますが、自分のところで施工しない会社は下請けに出して20〜30%はとるので

その分高くなる場合が多いようです。

一番いいのは信頼できる知り合いがいて、その方が工事を見に来てくれたり

今後トラブルがあった時は責任を持って対処してくれたりできるというものですが、

それはなかなか難しいと思いますので、相見積もりをし、担当者の方が信頼できそうな所を選んでいきましょう。
posted by はりー at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

屋根をシングル葺に張替え

屋根といえば瓦と思っている方も多いと思いますが、

実は欧米で一番普及しているのがシングル葺屋根というものなんです。

もちろん、瓦のデザインが好きという方はたくさんいますが、

安全性から見たら、たしかに重いし、割れるし、地震が来たとき心配という方も

いるのではないでしょうか。

シングル葺き屋根はどういうものかというとゴルフ場のクラブハウスや公団住宅の屋根がそうです。

日本の一般の住宅でも既に多く使われているので一度は見たことがあると思います。

シングル葺屋根はなぜ欧米で普及しているかというと、防水性に優れ、

地震、風、火にも強く、どんな形の屋根でも対応でき、改修工事も簡単なことがあげられます。

またデザイン面でも美しいので人気があります。
posted by はりー at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。